行政書士を頼ろう~行政書士は悩み解決のプロ~

女性

夫婦が別れる理由と請求

男性

愛し合って結ばれた2人が結婚しても、何らかのトラブルで離婚につながってしまうパターンはよくあります。その離婚理由の中には相手に精神的なダメージを与えてしまうこともあり、その場合は慰謝料を請求することができることがあります。

View Detail

とても頼りになる

男性

法律に関する問題は、法律の専門科に依頼するのが最善です。と言うより、殆どの場合において、法律に関する手続きは専門科である士業の方にしか行えないのです。起業の際に必要となる書類や自治体に提出する書類、納税に関する書類などの多くは、士業の方が確認しハンコを押すことで有効となるものが多いのです。そのため、行政書士の方にお世話になることは決して珍しいことではありません。行政書士は士業の中でも、書類作成をメインに行う方のことを指します。東京都などの地方自治体や国に提出する書類の多くは、この行政書士に依頼や確認してもらうことを義務付けられているのです。知識の無い方にとっては、「弁護士の請け負う仕事となにが違うのかわからない」という方もいるでしょう。弁護士も同様の業務を請け負うことが多いため、そういった疑問をいだいてしまうのも無理はありません。しかし、弁護士が実際に裁判の弁護人となるのに対し、行政書士はあくまで書類作成をメインに行う業務です。他の仕事はあまり行いませんが、書類作成に関してはプロフェッショナルなのです。

行政書士に依頼することで、離婚届やパスポートの代理申請などを行うことが出来ます。他にも、遺産相続に関わる手続きや起業支援など様々な案件を法務の面でサポートしてくれるでしょう。しかし東京で行政書士を利用する際に気になるのが、どこに依頼すればよいのか、という点です。行政書士は東京都内で見ても各エリアに事務所が存在し、数も多くなっています。そのため、業務に関してサービスが手厚いところもあれば、逆に必要最低限のことしかしてくれない事務所もあるのです。どの事務所が良いのかは利用者にしか判断できないので、業務を依頼する際にはきちんと東京都内の行政書士事務所について調べてから依頼しましょう。

近隣トラブル

困る

東京のように都市化が進んだ地域では、ご近所トラブルが発生しやすくなっています。しかし、当事者間の話し合いでは、上手く問題を解決できないケースが多いです。そのため、多くの人が弁護士を利用して近隣トラブルに対処しています。

View Detail

家族が亡くなった場合には

困る

大阪にはたくさんの法律事務所がありますが、相続サポートサービスに力を入れる事務所が増えてきました。家族の誰かが亡くなると、様々な種類の相続手続きを取る必要が生じます。慣れない手続きで困惑してしまう人が多いですが、弁護士を利用すれば、それらの手続きを代わりにやってもらうことができます。

View Detail